FC2ブログ

ハーブが実る季節

家の裏に山椒の木が二本

今日は朝から実を採り、午前中かけて採った実に付いている茎を取り除く作業に没頭。
ちまちました作業だけど、なかなか時間がかかります。

P6030817.jpg

手を少し舐めてみると、ビリビリビリ~!!!と舌に痺れが走り、しばらくの間痺れとともに、山椒の旨みがお口の中で楽しめます。

先日、この実で丹精込めて作ったちりめん山椒は、山椒たっぷりで大人な味のはずなのに、「痺れる—!」と笑って食べる子どもたちに食いつくされました。

今日の実は、一年間いつでも食べれるように、酢漬けと醤油漬けにして保存します。


そして、今朝は保育園に行くと先生から持って行って~と花束が。
P6030818.jpg

なんてたくさんのジャーマンカモミールたち♡
ここは暖かいからこんなに元気に育つんですね。

山椒の作業が終わったらカモミールを干してお茶に加工します。

寝る前にカモミールのお茶を飲むと心なしか良く眠れる気がしますし、目に違和感があるときは目薬として利用します。
私がバルセロナに住んでいた時は、現地の友人たちが教えてくれた一番身近で薬になるハーブがカモミールでした。
メキシコでもカモミールの花束(お茶用)が当たり前にメルカドで売っていました。


他に色々とやらなきゃいけないことがあるけれど、季節のものは待ってくれないので、そっち優先でやってしまっています。






 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント