FC2ブログ

野沢菜の桶

野沢温泉村のお宿「まるとや」さんから、
野沢菜を漬ける大きな桶を二個、修理の依頼がありました。

PA094871.jpg

「木桶が壊れてプラスチックの桶で漬けてみたけど、味が出ないんですよ。木の桶じゃないと。」

木桶で熟成させた「本物の味」を、子どもの頃から知っている方の言葉には説得力があります。


昔から野沢菜用に使われてきたという大きな桶。
三歳児の肩よりも高いです。

PA094872.jpg

こちらの桶は直筆サイン入りです。

PA094873.jpg

古い桶には桶のどこかに「新調 〇〇年 名前」 が記してあることが多いです。
桶の裏側パターンが多いのですが、この桶は側面ですね。


今回の漬物桶の修理内容は、
底が抜けているので底板の交換と、水漏れの修理、竹タガの交換をしていきます。

PB100010.jpg

before
PA094875.jpg

after
PB100009.jpg
私の手と比べても、この桶の大きいこと!


もう一つの桶は勾配がありシャープなかたちです。
PB170035.jpg

こちらの桶は竹タガを交換し、底板は大きい方の桶で使われていた底板を再利用し、こちらの桶に合うサイズに作り直してはめ込みました。

PB170036.jpg


まるとやさんでは、自家製の野沢菜漬けや、桶で熟成させた味噌を手間暇かけて作っていらっしゃいます。

野沢菜は自家採種の種から育てあげたもの。
味噌は、大豆も麹も自家製で、家の田んぼで作ったお米から麹をたて、畑で育てた大豆から味噌を作っていらっしゃいます。

しかも、お味噌は玉造で、大豆だけを先に発酵させてから桶で仕込み、それをさらに三年間木桶で熟成させるお味噌にこだわっていらっしゃいます。


少し話を聞いただけでも「味噌道」、奥が深かったです。


まさにこれから野沢菜漬けのシーズン真っ盛りです。
本場の桶仕込みの野沢菜漬け、食べてみたいですね。

PB170032.jpg


>野沢温泉 天然温泉 お宿まるとや
https://kt2062390.wixsite.com/marutoya

◎桶の修理承ります◎他社製品OK◎
鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント