FC2ブログ

窯焚き

P3303304.jpg

ハードボイルドな陶芸家の友人が旧隣村に住んでいて、
年に数回自分で一から作り上げた登り窯に火を入れ、焼き物を焼きます。

鴨川家は毎度、その窯焚きのお手伝いに行っているんですが、
今回の窯焚きに合わせ、鴨川桶店の看板を作らせてもらいました。

P3313324.jpg

焼き物をこねてる写真は撮ってません。
子ども背負って大変だったので(笑)

窯には男性が火を入れる。
女性はその男性たちの食事をつくる。

P3313310.jpg

窯焚きは土と火と大地が繋がっているようで、とても気持ちがいい。



5日間火を絶やさずに入れつ続けます。

P3313334.jpg

一つ一つのが儀式のようです。

P3313326.jpg

さてさて、
無事に窯焚きが終わり、窯を閉じてから一週間が経ち、
釜の熱が冷めたところで焼き上がったものを取り出しにいきました。

P5303715.jpg

P5303698.jpg

P5303700.jpg

P5303699.jpg


P5303707.jpg

出来上がったものは~

P5303713.jpg
母ちゃんの力作!
「鴨川桶店」の看板!!ちゃんと出来てる!!
カタツムリの香取線香立てと、キノコの付いた石鹸置きも(デカいけど)上出来!
あとは子どもの作った訳わかんないアンパンマン

P5303710.jpg
鴨さんはロクロを回して作ったコーヒー壺と、謎のキノコおじさんと、鴨の置物(らしい)。


鴨さん、桶は素晴らしいものをつくるのに、粘度細工のこのセンスは…
鴨というよりヒヨコでしょ(笑)



鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント