FC2ブログ

醤油絞り

今年は木桶で熟成させたお日様醤油
(今まではプラ桶)

たまに、お客様から手作り醤油を木の桶でつくりたいとの相談を受けることがあります。

ご家庭でも小さな木桶で手軽に醤油がつくれるかどうか、まずはうちで、三斗の小さい木桶と中くらいの二斗の木桶で醤油作りの実験をしてみました。

PB092453.jpg

麹づくりの記事→●クリック
熟成中の記事→●クリック

二斗の桶で仕込んだ醤油はこんな状態
P3063169.jpg

P3063171.jpg

三升の桶で仕込んだ醤油はこんな状態
P3063173.jpg

P3063172.jpg
小さな木桶の方が、味噌みたいになってます。
小さな方が大きな桶よりも温度変化があるので、水分の蒸発も大きかった、と思われます。

無事出来ているかな?
今回も醤油絞り師の友人にお世話になります。

もろみにお湯を混ぜて
P3063188.jpg

絞り袋に移して、醤油絞り機に入れると
出てきた!醤油!

P3063182.jpg

ジャッキで圧をかけるとさらに沢山の醤油!

P3063195.jpg

どんどん色が変わってきます。


絞りたての生醤油は美しいあめ色です。
P3063206.jpg


つき立てのお餅を炭火で焼いて
P3063196.jpg

生醤油を付けて
P3063197.jpg

うめー
P3063198.jpg

木曽にも春がやってきました
P3063193.jpg


最後はてづくり醤油の味比べ
P3063207.jpg

木桶で仕込んだ醤油は何ともまろやか!
塩味のとがった感じが抜けています。
旨味も強いです。

木桶仕込みの味噌もそうだけど、木桶でつくると「まろやか」という言葉がしっくりきます。

もう感激の一言
手作りの醤油ってどれも本当においしいし、一年手間暇かけた感動の味なのですが、
”木桶仕込み”だとさらに深みのあるお日様の味がしました!


と、いうわけで実験の結果、
萩原忠重さん流の太陽の下でガンガン発酵させる「お日様醤油」では
太陽の下でも木桶が特に漏れることもなく、問題なく「木桶で」醤油が作れることが分かりました。
(最後、もろみじゃない桶の上部に乾燥してできた隙間が少しありましたが一年くらいなら炎天下でも大丈夫でしょう)

萩原さんは大きな桶で作ることをお勧めしていますが、小さな木桶でもとってもおいしい醤油が出来ました。
小さな木桶で個人で作る場合は、絞り機がなくても、少ない量ならサラシなどを駆使して自力で絞ることができますし、絞らなくても薄めてもろみのまま食すことだってできます。

木桶仕込みの醤油づくり、お勧めですよ!
是非是非!!
(中古の木樽で仕込む場合は必ずタガを締め直してから仕込んでくださいね。漏れるので)



鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント