今年の我が家の味噌作り

先日の桶仕込み味噌WSで刺激を受け、家用の味噌を作りたくなった私。

今がチャンス!

この衝動を逃したらゆくゆくは腰が重くなり、結局畑仕事がひと段落した夏に味噌を仕込むことになる。ということが目に見えてるので、思ったがチャンス。

麹仕込み開始。

今回は大豆10キロ 米麹10キロで作ります。

うち用の味噌は自分で麹から作るのにこだわっています。
「手前味噌」の「手前」って、自分の家で麹を作るから手前味噌っていうのだそう。

その都度麹の出来が違うので、毎回味噌の味が違う。
だから「手前味噌」

麹屋さんで買った麹で作ると、おいしいけど大体毎年味は安定してますよね。

家の麹でつくった味噌は、辛口だったり、旨みがすごかったり、甘かったり、毎年驚くほど出来が違う。
今年の味噌は美味いね~とか、この味はあの人好きな味だよ、とか
ちょっといまひとつだからあと一年おかないと人にはあげられないね、とか

麹が出来上がるまでは本当にハラハラ、ドキドキ、
失敗したら10キロの米が無駄になってしまうし、無農薬でお米作ってくれてる友人に申し訳ない。

今年もドラマチックな麹づくりでした。

まずは10キロのお米を蒸す。
P4291338.jpg

あ、、、、雨が降ってきた
P4291340.jpg
(通り雨で良かったです)

蒸し上がったら布に広げて種麹をまぶして
P4291343.jpg

湯たんぽで保温して、調子よく麹がまわってきた。
が、三日目 温度は40度まで上がるんだけど、花が咲かない。
さてどうしようかと悩む…失敗したら怖すぎる。
P4291344.jpg

やはり木の入れ物がいいかな、と思い桶に入れる。
P4301347.jpg

温度は38-40度と変化がないけど麹の白さも変化なし。
麹の香りはするんだけど。不安不安不安!
P5021351.jpg

発熱5日目にしてあまり変化を感じず、アルコ—ルっぽい香りに変化してきたのでこの辺でやめる。
P4301348.jpg
因みに、桶仕込み味噌WSでは麹は失敗できないので麹屋さんから買いますよ。
木曽にはいい麹屋さんがあります。


大豆を蒸す。
家の蒸篭に入りきらなかったので、近所に借りてせいろ六段で蒸す。
P5041357.jpg

朝の九時から蒸しはじめ
…まだ固い

…まだ固い
…全然蒸せてないじゃないか

この前のワークショップでこのセイロでガスで蒸かして3時間で蒸し上がったのに、何故だ???
…薪だからかな? いや、でもガンガン沸騰してるぞ。


中に入れる大豆の量が多かったんかな~?

結局、蒸し上がりに10時間

次のワークショップやる前でよかった。(蒸そうと思ってたので)

よし!あとは早いぞ~
P5041363.jpg

上の子が即戦力で手伝ってくれます。
もう味噌作りはお手の物。
P5041368.jpg

三斗の桶に詰めて
P5041364.jpg

出来上がり。
P5041371.jpg

味噌作りに12時間。
予想外な一日。付き合わせた子どもたちよ、ありがとう。

この麹でこのお味噌、どんな味になるか楽しみです。

日曜は桶仕込み味噌WS開催しますよ!

鴨川桶店ホームページ
http://www.okekamo.wix.com/okekamo








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント