FC2ブログ

師走

今年も一年なんやかんやであっという間に過ぎていきました。
鴨川桶店を支えてくださった皆様には感謝で一杯です。

去年の今頃は12/19に生まれたばかりの一番下のチビと一緒に実家で
のんびり ゆっくりと過ごさせてもらいましたが

今年のお正月は雪景色の木曽の家で迎えます。


正月だけは仕事やらない!!と宣言した桶鴨。
仕事部屋も工場も大掃除して、洗車して、最後のしめ縄づくり。

PC310016.jpg

それっぽく見えますが、しめ縄づくりは初挑戦です。

明日の元旦は大雪らしいです。

今年で最後。
この家で迎える雪景色のお正月。

ちょっとだけ わくわくします。


来年は転機の年。
末永く鴨川桶店をよろしくお願いします。

PC310020.jpg
スポンサーサイト



注文いったんストップのお知らせ


鴨川桶店を支えてくださる皆さま
いつもありがとうございます。


PC140101.jpg

鴨川桶店は来年の春、南木曽町に移転いたします。

引っ越す前に、引っ越し先の家の一部を住める状態にしなければならず、自力でリノベーションする予定です。
引っ越した後は敷地内に自力で桶の工場を建設予定です。

そのため、何事も中途半端な状態だと仕事も引っ越しもうまく進んでいかなくなることを予想し、
12月いっぱいで桶の受注をストップする決断をいたしました。

12月31日までは今シーズンお届けする桶の注文を受け付けます。
2018年中にご注文していただいた方には2月末~3月目安でお届けできますが、
2019年元旦以降、注文していただいた方の桶は新工場建設後に製作していきますのでお届けは2019年秋以降になります。


現段階でご注文をいただいているお客様には、個々にお伝えしているお届け目安で製作をしていきます。

注文いただいている桶の製作が終わったら、引っ越し準備と家の改装が始まります。

その後、自力で工場を建てる為、どこまで日数がかかるか初めてのことなので分かりませんが、目標は2019年の夏過ぎまでには完成して、再び桶の製作に取り組んで行きたいと思っています。


こちらの都合でこのような決断となり、皆様には大変申し訳なく思います。
鴨川家の一大転機を暖かく見守っていただけたら幸いです。

家族写真

家の改装&建設のお手伝い絶賛募集中です♡


どか雪


朝、家の外から  
ズゴゴゴゴー  …ピーピーピーピー  ずごごごごごごー

轟音。

寝ぼけ眼の私には何が起こったんだかわからずしばらく考えたのですが
まだわからない。

桶鴨が部屋の薪ストーブに火をつけたことを確認し、布団から脱出。
窓の外を見てやっとわかりました。

雪だ。
外は一面真っ白。

いきなり来ました雪景色。
轟音は除雪機の音。
今日から雪かき天国です。

雪と言えば、本土でいちばん寒いとも言われている隣の開田高原はここよりも大雪のはずだ思い、

馬と一緒に掘っ立て小屋で暮らしているあの馬の兄さんは元気なのかと見に行きました。

PC280195.jpg

犬小屋もなかなかハードボイルド。
後方パレットが犬スペース。

PC280200.jpg

私の姿に木曽馬たちが集まってきてくれました。
めちゃ人懐っこい。
愛されて育っているんだな♡

PC280201.jpg

夏はかぼちゃ畑だったこの場所。

PA084864.jpg

PC280202.jpg

夏も冬も気持ちよい風が流れています


漬け物桶

漬け物桶を購入してくださった方から嬉しいメッセージが届きました。

PC250671.jpg


木桶は糠漬けに使っています。
今まで使っていた甕から糠床を移して一ヶ月半ほどですが いい感じで馴染んできて毎日おいしく糠漬けを楽しんでいます。
中蓋は糠床にピッタリくっつけて使っていますが酸化による黒ずみが抑えられるようです。

サワラの木桶で糠を漬け流のが20年ほど前からの念願でした。
この木桶はガッチリしていて精度も高くとても満足しています。永く使っていこうと思います。

-----------------

豊で美味しい食卓のお手伝いが出来て私たちも嬉しく思います♡
メッセージ有難うございました。



鴨川桶店 〇お客様の声〇
http://okekamo.wixsite.com/okekamo/blank-19

お墓参りの桶の修理


お墓参りの桶の修理をしました。

今回修理する桶は、水漏れはしておらず、タガが緩んでいる状態です。

底板もしっかりしていたので、そのまま、交換はしません。
銅タガのみ新しいものに交換し、きっちりと締め直しました。

before
PC220171.jpg

after
PC230192.jpg

後ろから撮影したんですが、表面には素晴らしい家紋と名前が入っています。
プライバシーもあるので、お見せできないのが残念です。


墓参り用 手桶(タガ交換)修理

銅タガ交換
修理代 こちらの桶で3000円

修理代は桶の大きさや状態により変化しますので、上記の価格は目安としてお考えください。


◎桶の修理承ります◎他社製品OK◎
鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo
桶の修理
http://okekamo.wixsite.com/okekamo/blank-6
0573-75-2526

桶仕込み糀

鴨川桶店実験部

久しぶりに麹をつくりました。

それもそのはず、何年ものか不明な古米を隣のおばさんにもらい、早く消費しなければ。

寒くなってきたので、無性に甘ったるくてこってりしたものが食べたい!
欲求とともにやる気が爆発しました。


蒸した米を大きめの飯台で冷まして、種麹と混ぜます。

しまった。朝ごはんに納豆を食べてしまった。
手も服も納豆菌だらけである息子がうろうろしているので怖くてたまらない。

この時点で、米を蒸しすぎ、やわやわ米からのスタート。
PC200163.jpg

黒くなってしまっておひつとして使われず、今はパン入れとして使用中のおひつに詰めて保温。
PC200165.jpg

おひつにはよくない環境ですが、発酵を保たせるために薪ストーブの横に置いて保温して二日後、、

PC230184.jpg

うーん、40点!

PC230186.jpg

ほわっほわの糀には程遠いです。
納豆菌が麹菌に移っていなかったことだけが奇跡です☆
PC230185.jpg

全量甘酒にしました。
スカスカになった米粒が残ってるしゅわしゅわした甘酒がたまらなく好きです。

PC240181.jpg

味は~
雑味が入ってて30点!

でも甘~いから満足!!

麹づくりは難しいです。




あぁこの感じ、好きだと思う

カフェインに弱い鴨川家ですが、朝は一杯のコーヒーではじまります。

コーヒーは生豆から自家焙煎をしています。


色んな焙煎方法を試したけど、薪ストーブの熾きを七輪に入れて焙煎するのがとてもやりやすく、わたしはいつもこの方法。
夏場はロケットストーブで焙煎しています。

PC230183.jpg

玄関に座ってゆっくりと焙煎。

直火だとずっと手を動かさなきゃいけないけど、七輪は遠火の遠赤効果があるので、自分のペースで手を止めながら出来るのが私には合っています。




何もない音の中で、薪の音、豆を煎る音がする。

なんとも言えないけど、良い流れで気持ちがいい。


PC230182.jpg

寒くなってきたので、煙がとても綺麗。


生豆はメキシコのマヤの先住民の方たちが栽培しているフェアトレードの生豆を購入しています。

私が20代の頃、メキシコの南部マヤ族が多く暮らす街「サンクリストバル・デ・ラスカサス」で宿の管理人をしていた時期があり、私にとってマヤの人たちはとても身近な存在。

日本で暮らしている今でも、このコーヒーを通して繋がっている感覚がして、かけがえのない存在です。


マヤビニックコーヒー
http://www.mvcoffee.net/


こんにゃく

友人からこんにゃく芋をいただきまして。

PC210166.jpg

ちょうど持ち寄りご飯会が控えていたので、重い腰をあげてこんにゃくをつくりました。
こんにゃく作りは実に10年ぶり。

PC210167.jpg

作り始めると工程は簡単なんですけどね。
それまでが…

こんにゃく芋が部屋の置物化する前に加工した方がいいですね。

PC210168.jpg

PC210169.jpg

手づくりのこんにゃくは「芋」食べてる感が感じられて、これは手づくりならではの味。

出来立ての生こんにゃくに、しょうゆをかけると不思議と卵のような味になるんです。
たくさん出来たと思ったのに一瞬でペロリとなくなりました。


来年からは本気でこんにゃく栽培に手を出そうかな。
もちろん自家消費に終わりそうですが(笑)









足湯か風呂か

今年は風邪の当たり年。

もう何回もらってくるの~(涙)

冬が怖い。
保育園が怖い。

うちはよほどのことがない限り病院には行かないので、
何かあったら免疫力を上げる為に、足湯頼みなんですが。

PC180157.jpg

下のチビには足湯がお風呂。

PC020059.jpg

三人目、大変だけど 可愛いなぁ♡





茶道の花手桶


今回は、茶道で使う花手桶の修理をしました。

とても幅の広い一枚の割材からとった板で作られた部分があるため、板の真ん中が割れています。(前方後方二か所)
PC050061.jpg

竹のタガも割れていて、ボンドで接着した跡があります。
PC050063.jpg

竹タガを新しく作り直し、
PC120086.jpg

底板も新しく作り直します。
PC050066.jpg

底板を交換しタガを絞めたら、割れていた部分の隙間がきれいになくなりました。
PC120087.jpg

これで水漏れはしなくなりました。

before
PC050067.jpg
after
PC120089.jpg

before
PC050069.jpg
after
PC120090.jpg

茶道で使う手桶は頻繁に使われることが無い為、いざ使おうと出して見たら水漏れが発覚
あわてて修理の連絡をする傾向が多いです。

before
PC050061.jpg
after
PC120085.jpg

花手桶(割れ、水漏れ)修理
竹タガ交換、底板作り直し
修理代 こちらの桶で6000円

修理代は桶の大きさや状態により変化しますので、上記の価格は目安としてお考えください。


◎桶の修理承ります◎他社製品OK◎
鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo
桶の修理
http://okekamo.wixsite.com/okekamo/blank-6
0573-75-2526








味噌桶 納期のお知らせ


いよいよ本気の寒さがやってきましたね。
隣の開田高原では昨日は-11度になったそうです。

皆さまそろそろ味噌作りのことを考え始めているようで、
味噌桶のご注文が増えてきています。

有難いことに、今年はリピーター様からのご注文を数多くいただいています♡

PC250663.jpg

PC250671.jpg


桶の製作状況ですが、全ての桶に関しまして

現段階でのご注文で
最短のお届けが「二月半ば~末」になります。


二月に味噌をつくるというお客様が多いので、今ご注文いただければギリギリ二月中に間に合うかな(???)というところですが、

二月に注文をして、「来週仕込みむのでそれまでにお願いします」(毎年このようなご注文が多いので)
と言われても、無理ですので、

今年こそは皆さま早めにご注文をお願いいたします。

31301711_1908919849141039_6442752029797384192_n.jpg

P4261308.jpg

桶の扱い方がよくわからなくて不安、
カビが生えそうで不安、

そんな方も、不安になった場合は鴨川桶店にご連絡いただければ
桶屋の母ちゃんが桶の扱い方をアドバイスいたします。

P4261316.jpg

木桶で作った手前味噌は、塩の尖りが無く、非常にまろやかで、他にはない旨みが広がります。
一度木桶で味噌を作ってみると、他の容器には戻れない魅力がありますよ。

P8160385.jpg

鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

味噌桶
http://okekamo.wixsite.com/okekamo/blank-3