FC2ブログ

吉野杉(板目)の味噌桶

大モノ製作中。
写真を途中からしか撮ってないですが、最後までの過程です。

P5293676.jpg

割った杉板の表面を粗削りしています。

P5293672.jpg

ざっと綺麗になりました。
この作業で、桶にしたときの木の曲がり(狂い)が少なくなります。

P5293682.jpg

P5293680.jpg

銑(セン)という道具です。

P5293687.jpg

P5293697.jpg

今回は五桶製作するので、削る量が半端なく多く、
それに伴い大量の鉋くずが出ます。

P5293689.jpg

P5293691.jpg

…焚き火だな(終わったらキャンプで乾杯しかない!)


丸くするための内削りをして、

P6103885.jpg

内蓋になる板を削っています。

P6123900.jpg

内蓋と外蓋
なかなか見ることのない、丸くなる前の状態

P6123903.jpg

釘を使わず「蟻組(ありぐみ)」という技法で固定します

P6143905.jpg

二日間かけて採って作った竹タガ

P6143917.jpg

竹のタガを入れ、桶を締めていきます

P6153922.jpg

底も丁寧に鉋掛け

P6173923.jpg

P6173925.jpg

小刀で細部まで削ります

P6173932.jpg

吉野杉の板目

P6173935.jpg

内蓋、上蓋丸くなりました

P6173933.jpg

蓋の持ち手も手当たりが良くなるよう鉋掛け

P6173940.jpg

縁までしっかり丁寧に

P6173949.jpg

四斗の味噌桶(吉野杉 板目)

P6183950.jpg

無添加の味噌屋さんを開業されるお客様の下へ嫁に出しました。



鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo
スポンサーサイト

大モノ作成中


何してるかな~と工房を覗いたら

P6103876.jpg

大物作成途中の、

鉋のメンテナンス中。

P6103881.jpg

P6103883.jpg

道具がちゃんとしていなければ、いい仕事が出来ません。
(コレ一番大事!)

P6103885.jpg

今日も軽快な鉋の音が鳴り響いています。



鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo




醤油仕込み 2018

一か月程前の話ですが、今年も醤油を仕込みました。

P5063590.jpg

糀の胞子が凄い(コナコナ)なのでマスク必須です。

P5063595.jpg

31957766_1654619674587686_3586141509969248256_n.jpg

31947552_1654619734587680_9111738256214458368_n.jpg

今年も木桶仕込みです。

P5063605.jpg

これからお日様の下で一年間、元気に発酵してください!

便利な飯台

焼き菓子を作ると、みんなどこに保存するんだろう?

我が家ではここに。
P6123895.jpg

パンや、和菓子も、冷蔵庫に入れると固くなり、美味しさが半減しますよね。

飯台でも、おひつでもいいんですが、木桶に入れて保存すると、お菓子の乾燥が防げます。

P6123896.jpg

蓋をして、常温保存。

P6123893.jpg

ぜひ、やってみてください。


鴨川桶店HP
http://www.okekamo.wix.com/okekamo



同居人

毎年帰ってきてくれる同居人。

P6113886.jpg

私たちがこの家に引っ越してきた翌年から年々数が増え、(最初の年は来なかったような)
今年は五家族がお越しくださいました。

ツバメがいる家は栄えるとかなんとか言いますが、
私たちが住む前からこの家に住んでいたんでしょうね。

毎年様々なハプニングに見舞われていて、
今年は子育て途中に家が崩壊。(かろうじて今は一羽残ってる)
P6113889.jpg

下に子どもが落ちていたのでよそのしっかりした家に移してあげました。
生きててよかった~

翌日、更に家が崩壊し、もう一羽下に落ちていて、またよその家に移してあげました。
いっぱいになったよその家、
P6113888.jpg

同居人が増え、今、中に六羽くらい住んでいます。
重量オーバーにならないか心配。

崩壊した家のすぐ横に、また新しい家を作りはじめています。
P6113890.jpg

ものすごい速さで出来上がっていく家。
人間の住む家もこんなにお手軽に出来たらいいなと思ったり。
究極の土の家ですね。

ツバメは二~三回子どもを産むらしいです。
この新しい家から可愛らしい赤ちゃんの声がもうすぐ聞こえてくるのかな。

次は壊れないように!




古式味噌を学ぶ会


急なお誘いにもかかわらず来てくださった皆様有難うございました🌹

P6093827.jpg

青空の下で、気持ちよく味噌作りが出来ました。

毎度のことながら子どもが沢山集まってくれて嬉しい限りです。

P6093829.jpg

P6093834.jpg

これは何~?と一つ一つのことに興味深々なみんな。

お米みたいな白いもの(糀)としょっぱい塩と大豆を潰した美味しいものがお味噌になるとは想像もつかないようで、味噌作り半分水遊び半分、沢山お手伝いをしてくれました。

P6093841.jpg

今回は大きな木桶にバシンっバシンっ!と詰めていきます。

P6093848.jpg

P6093852.jpg

今回は手すき和紙で蓋をしました。
美濃で楮の栽培から和紙作りまでをされている大光工房さんの味噌蓋紙です🌳

P6093863.jpg

P6093862.jpg

おやつタイムでも、手作りスイーツよりも味噌を付けたジャガイモの方が取り合いになった…
ってのがスゴイ。

普段食べているものがどのように出来るのか、知ることは大切ですね。

元気な子供たちがたくさんお手伝いしてくれたので、これから元気に発酵熟成していきますよ!


鴨川桶店HP
http://www.okekamo.wix.com/okekamo


窯焚き

P3303304.jpg

ハードボイルドな陶芸家の友人が旧隣村に住んでいて、
年に数回自分で一から作り上げた登り窯に火を入れ、焼き物を焼きます。

鴨川家は毎度、その窯焚きのお手伝いに行っているんですが、
今回の窯焚きに合わせ、鴨川桶店の看板を作らせてもらいました。

P3313324.jpg

焼き物をこねてる写真は撮ってません。
子ども背負って大変だったので(笑)

窯には男性が火を入れる。
女性はその男性たちの食事をつくる。

P3313310.jpg

窯焚きは土と火と大地が繋がっているようで、とても気持ちがいい。



5日間火を絶やさずに入れつ続けます。

P3313334.jpg

一つ一つのが儀式のようです。

P3313326.jpg

さてさて、
無事に窯焚きが終わり、窯を閉じてから一週間が経ち、
釜の熱が冷めたところで焼き上がったものを取り出しにいきました。

P5303715.jpg

P5303698.jpg

P5303700.jpg

P5303699.jpg


P5303707.jpg

出来上がったものは~

P5303713.jpg
母ちゃんの力作!
「鴨川桶店」の看板!!ちゃんと出来てる!!
カタツムリの香取線香立てと、キノコの付いた石鹸置きも(デカいけど)上出来!
あとは子どもの作った訳わかんないアンパンマン

P5303710.jpg
鴨さんはロクロを回して作ったコーヒー壺と、謎のキノコおじさんと、鴨の置物(らしい)。


鴨さん、桶は素晴らしいものをつくるのに、粘度細工のこのセンスは…
鴨というよりヒヨコでしょ(笑)



鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo









古式味噌を学ぶ会 参加者募集


【急募!!】木桶仕込みの古式味噌づくりの基本を学ぶ会

突然ですが、今週末の土曜日(6/9)に鴨川桶店自宅にて味噌作りをすることになりました。
60キロ仕込みます🍯

今回は、鴨川桶店の大桶に詰め、木曽の厳寒な環境下でじっくりと熟成させていきます。
熟成中はこちらで管理します。
出来上がった味噌1㎏は約一年後、完成したらお送りします。(送料別)

・味噌作りに興味はあるけど、家に木桶を置く場所がない!
・普段は忙しくて味噌を管理する暇がない!
・木桶で作った味噌を食べてみたい!
・昔ながらの味噌の作り方を知りたい!   などなど、

味噌の管理はこちらでやりますので、煩わしいこと一切なし!

木桶で熟成した味噌は、塩の尖りのないまる~いく旨味の効いた絶品の味に仕上がりますよ😋
是非是非皆様のご参加お待ちしています


------------------------------------------

日時  2016年6月9日(土)12:00〜15:00
持ち物 エプロン、バンダナ、タオル
参加費 2000円 (味噌1kg、ワークショップ代)
☆☆味噌増量も可能です☆☆

古式味噌とは、薪の鉄釜で大豆を煮て、木桶で熟成させる昔ながらの味噌作りです。
プラスチックは一切使用しません。

遠方から来られる方には、1000円で泊まれる宿をご紹介します💪

お申込み / お問合せは 0573-75-2526 鴨川桶店 
okekamo@gmail.com までお願いします。


31959885_975237062643104_6562389774051573760_n.jpg

橋の下音楽祭に出店してきました

P6023768.jpg

橋の下音楽祭に出店してきました。

P6023734.jpg

ここは横町の職人長屋。
P6033773.jpg

P6033779.jpg
お向かいさんは紙漉き職人。
その隣は達磨屋さん。

P6033801.jpg
お隣さんは煙管(キセル)職人。
その隣は染物屋さん。

写真にはないけど飴細工屋さんも。

P6023763.jpg

こんな長屋だったら暮らしたいな。


野外では子どもたちがのびのびと。
P6023736.jpg

34529045_1945294678878388_2990828840533622784_n.jpg

34321035_1945294922211697_5789349390812446720_n.jpg

そして橋の下は江戸。

P6023747.jpg

P6023750.jpg

34319026_1665544396855668_8091230395774795776_n.jpg

北海道や九州、メキシコから来てる友達に何年ぶり??に出会ったり、
昔の旅仲間や、まつり仲間にたくさん会えました。

そして、鴨川桶店のことを知っている方も何人かいらっしゃって、
思い切って出店してよかったな~と。(しみじみ)

P6033804.jpg

たまにはリセットが必要ですね!

P6033806.jpg

今日は父ちゃんは田植えへ。
明日から桶作り、根詰めていきますよ!



鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo