FC2ブログ

桶の洗い方

P4263471.jpg

去年四斗の木桶に仕込んだ味噌、
今年もこの桶を味噌仕込みに使いたいので、天地返しも兼ねて小さな桶に移し替えることにしました。

味噌を入れていた木桶は使う直前に洗うことをお勧めします。
木桶に塩気が浸みているので、湿度のある場所に使用済みの洗った桶を置いておくとカビが生えやすくなります。

無駄なカビを生えさせない為に、中に入れておいた味噌が無くなっても、次に仕込むまでは中は洗わず、そのままにしておいた方がいいですよ。

次に仕込むことが決まったらその前に水で洗います。
P4263452.jpg

水とタワシでひたすらゴシゴシ。
P4263453_LI.jpg


木桶の側面にもこのように染み出ていますので、側面もきっちり磨きましょう。
P4263454.jpg

P4263456.jpg
この味噌の染み出るものは、「刺し」と言います。味噌が刺してくる、という意味です。
塩分の浸透圧上、どうしても止められません。自然現象です。
漬物や醤油は染み出ないんですけどね。味噌だけはどうしても、不思議です。

しっかり内側をタワシで擦り洗うと
P4263460.jpg

白いポツポツが残ります。
P4263464.jpg

これは蔵付き酵母と言って、木桶に住み着く酵母菌で、旨みの素。
自分だけの味になる酵母菌です。
P4263465.jpg
この酵母菌、洗うたびに年々増えていくので愛おしく感じますよ。

木桶の側面、底もしっかりと
P4263467.jpg

内蓋、上蓋もしっかりと洗いましょう。
洗剤は絶対使用しないでね。木が吸収してしまうので。
P4263457.jpg

洗ったら、さっと天日干し。
P4263468.jpg

水に濡れた木の色が大体元に戻ったら裏返し。
P4263470.jpg
この間数分です。
日光消毒する感じで大丈夫。

水に濡れた桶の色が大体元に戻ったな~と思ったら、中に撤去してくださいね。
無駄な日光消毒はタガの緩む原因となりますので、要注意です。

その後、味噌を詰めます。

今回は天地返しで味噌を詰め替えました。
P4263472.jpg


ちなみに、
二升(味噌出来上がり3㎏)の小さな木桶なら、台所で洗えます。
P4263475.jpg

底に付いた汚れも入念に洗って
P4263473.jpg
さっと布巾で拭いて、干しましょう。
同じ工程です。



鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo




スポンサーサイト

逆さ桶

釣り用の餌を入れる「逆さ桶」の修理をしました。

生きたカニを餌として入れておくので「カニ桶」とも呼ばれます。

木桶の入口が狭く、底が広いので、カニが登れず逃げることができない作りです。
桶の中の水分を木が吸って内部の温度上昇を抑えるので、生きたエサにとって快適な環境(住居)なので、鮮度抜群のエサで釣りができます。

before
P4143353.jpg
after
P4143356.jpg


before
P4143354.jpg
after
P4143358.jpg

P4143361.jpg

もちろんカニ以外でも使えますよ。
椅子にもなりますしね。

タガ三本取り換え
修理代 3000円

鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo


味噌作りの会

毎年恒例となった木桶で作る味噌作りの会

こんな山奥へはるばる遠くからみなさん来てくださるので、感謝を込めて手作りのスイーツを味噌作りの後にお出ししています。



今年は何をつくろうかな~



とりあえず去年豊作だった胡桃を割っています。

P4113352.jpg

味噌作りの会、あと二組くらいで用意した大豆に達しそうです。
以後、キャンセル待ちになります。

木桶で作る味噌作り教室のご案内はコチラ
   ↓   ↓   ↓
味噌作りワークショップ2018
http://okekamo.blog.fc2.com/blog-entry-175.html



鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

桶仕込み味噌の味比べ 2018

去年味噌作りワークショップで一緒に仕込み、自宅に持ち帰った木桶仕込み味噌。

それぞれの環境下で10か月間の熟成。

その味噌を持ち寄り、味比べや皆の木桶がどうなっているかの比較、
一年使ってみて気になった木桶の扱い方等の疑問質問、
味噌汁の具材を持ち寄り、味噌を好きに調合しての味噌汁、おひつご飯、等々。

第二回、桶味噌味比べ会当日の模様をお伝えします!
P3243289.jpg

●長野県木曽 寒冷地のログハウス●
天地返しなし 重石なし
桶①
P3243264.jpg
二桶仕込んで一つは食べかけ(下)、上の桶は手付かず。
桶②
P3243263.jpg
去年は床に置いたらカビが凄かったけど、今年は棚の上に割りばしをかまして置いたら全くカビが出なかった。

●愛知県弥富市 木造築八年 海抜-1m●
台所の床下収納で保管
天地返しなし 重石なし
桶①
P3243276.jpg

桶②
P3243272.jpg
途中、隣同士で置いたのに一つはカビが出て、もうひとつはカビが出ず。
詳しくはこちら→過去の記事●

●長野県木曽 標高1000m 築80年木造古民家●
廊下の一番奥で割りばしを下にかまして保管
天地返しなし 重石なし
桶①
P3243281.jpg
桶②
P3243284.jpg
どちらも仕込んで以来初めての開封。
カビは全く発生せず。
麹の味が強く、もっと熟成したい味。

●長野県木曽 築100年越えの古民家●
棚の上で保管
天地返しあり 重石あり
P3243286.jpg

●長野県木曽 標高700m 元公民館の木造家屋●
天地返しなし 重石あり
去年もカビが凄かったけど、今年も凄い!
P3243268.jpg
ただ、去年と比べると、カビの種類が違います。
去年はもっと鮮やかなカビでした。去年のレポート→●
去年は綺麗だった彼女の桶と隣同士に置いたら、彼女の桶にもカビが移りました。
P3243257.jpg
カビの下の味噌は、、、複雑な味がして、美味しかったです。
P3243255.jpg
保管場所を変えたほうが良さそうですね。
カビは見つけ次第取り除き、桶のカビが凄い場合は一度味噌を取り除いてから、焼酎で洗ってください。

●三重県北部、築約25年くらいの木造家屋●
ダンボールに入れて書斎の机の下(風通し悪い)
天地返しなし 重石あり 
29341338_765579660306889_329979270_n.jpg

おなじもので、左/一年目 右/二年味噌 
P3243271.jpg

●長野県上松 築40年くらいの鉄筋住宅ですが、ふんだんに木が使われた大工の家●
納戸の天井近くに保管
天地返しあり 重石あり
724天地返し
白いのは産膜酵母で、うまく発酵している証です。

●長野県松本 築10年の3階マンションの3階●
北側の涼しい部屋に秋まで置いて、夏はよく窓を開けて、風通しもほどほどよい場所。
その後キッチンの食器棚の下段に保管。
天地返しあり 重石なし
IMG_20180305_093451_convert_20180404141453.jpg


●長野県木曽 築94年くらいの木造 6年前にリフォーム●
玄関の靴箱横で、夏場だけ風通し良くして冬は締め切って保管
天地返し無し 重石なし
天地返しなし

●愛知県豊橋 築30年くらいのRC構造のマンション●
アイランドカウンターの下で保管(風通しはあまりよくない)
天地返しなし 重石なし
unnamed1.jpg
実際はもう少し明るい。全くカビ生えず

一緒に作った味噌ですが、保管場所が違うだけで、こんなにも違います。
P3243292.jpg

あとは、変わり種として、
●長野県飯田  玄米麹● 
天地返しなし 重石あり
P3243261.jpg

●左/長野市 麹1.5倍  右/長野県木曽 銀手亡豆の味噌 納豆菌入り●
P3243266.jpg

●長野県木曽 甕仕込み 大豆1麹1●
P3243270.jpg


あとは味比べのお楽しみ
P3243290.jpg P3243294.jpg
自分好みにお味噌を調合して、味噌汁をつくります。
P3243296.jpg
ぽっかぽかの陽気の下、春が来た喜びを感じる一日でした

お土産は、春の味覚
P3243298.jpg


今年も木桶でつくる味噌仕込み会を開催します。
ワイルドな野外で焚き火の味噌作り教室、参加者募集中です
詳しくはコチラ→●


鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo





素潜り漁の浮き樽 その③

素潜り漁の浮き樽シリーズが続きます。

今回は新品の浮き樽を製作しました。

浮き樽

浮き樽

浮き樽

底は竹でしっかりと補強してあります。
浮き樽

みなさん個々に好みがあるようで、微妙に大きさが違うんですよ。
浮き樽

浮きは浮きで様々な素材のものがあるけれど、木の樽の浮きじゃないと風で流れていってしまうんだそうです。

浮き樽

海女さんが使ったり、アワビ漁ですかね。

山から海へ、 嫁いでいきました
浮き樽


鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

素潜り漁の浮き樽 その②

前回の樽とは全くの別件ですが、同じく素潜り漁の浮き樽修理の依頼が同じタイミングで来ました。
面白いもので、重なります。

タガの交換と、水漏れの修理をしました。

before
素潜り漁桶樽浮き1
after
素潜り漁桶樽浮き3

before
P3153176.jpg
after
素潜り漁桶樽浮き2

「浮き」なので水が漏れたら命取りですから

新しく天板を作り替えました。




鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo





素潜り漁の浮き樽 その①

素潜り漁の「浮き」として使う浮き樽の修理です。

今回はタガの交換。

before
P3203195.jpg
after
浮き 樽


before
P3203193.jpg
after
漁浮き 樽

底の補強用の竹も新品に。
素潜り桶樽浮き


修理代8000円です。


鴨川桶店HP
http://www.okekamo.wix.com/okekamo