FC2ブログ

小口について

小口とは、桶の切り口のこと。

PC170630.jpg
通常は右のようなスパッとした断面ですが、

鴨川桶店では、
味噌桶以外の通常の商品で、桶の小口をやわらかなアーチ状に加工しています。

P2273146.jpg

P2273138.jpg

柔らな曲線を描いているので、水分が小口に溜まらず、黒ずみの発生が少なくなります。

P2273143.jpg

角が無く、当たりが柔らかいので、持ちやすくフィットします。

P2273152.jpg

そして、木曽のさわら
何よりも美しいです。

P8281945.jpg



鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

スポンサーサイト

「桶仕込み味噌 味比べ会」開催のお知らせ

参加者募集します
今年もやります!

桶仕込み味噌の味比べ!

当日は「木桶でつくる味噌仕込みの会」で作った桶仕込みの味噌が集まります。
P2261077.jpg
みんなで火を焚き一緒に作って、小さな木桶に詰めた味噌を各自家に持ち帰り、一年間それぞれの家にて熟成発酵させた木桶味噌。
熟成させる環境が違えばお味噌の味も木桶の状態も全く違います。

今年はどんな味になっているのか!!!!
どんな桶に育っているのか!!!!!

木桶を持ち寄り、それぞれの違いを見て知り
木桶仕込みの疑問や不安なことを皆で共有できるとても良い場です。

ワークショップに参加していない方も大歓迎!
桶仕込み味噌以外でも、ご自分で作った味噌がある方は持ってきて、手作り味噌の味比べをしましょう!

お昼は持ち寄った味噌を自分好みに調合して味噌汁を作ります。
P2261088.jpg

当日は、天気が良ければ野外で火を焚きながら、かまどご飯と味噌汁をつくりたいな、と思っています。
風が強ければ家の中で行います。(この時期は御岳山からの吹き下しが嵐の様になるんですよね…)



あ~~~それにしても
去年つくった味噌汁は最高に美味しかったなぁ。 しみじみ


---------------------------------------
3月24日(土)
10時~2時くらい(解散はご自由に)


【場所】鴨川桶店自宅 (木曽町三岳268)
【参加費】 味噌作りの会に参加された方/無料    参加していない方/500円
【持ち物】 手作り味噌(できたら桶に入れた状態で持ってきてください。重ければタッパーでもOK)
可能であれば お箸と茶碗、汁椀もご持参ください。
      
お昼食べる人はみそ汁の具材一品持ち寄りをお願いします。
お米はこちらで用意します。(矢野さんの無農薬米)
漬物等ごはんのお供になるものを持ってきてくれたら助かります。


●おおまかな内容●
10時~色んな味噌の味比べ、桶の状態(底に生えてるカビの状態とか)観察
11時くらいから早めのお昼ご飯(味噌汁、おひつごはん、漬物) 
あとはご自由に

去年の様子はこちら→●クリック


参加される方は前日までに、「鴨川桶店」までご連絡ください。
鴨川桶店 0573-75-2526
okekamo@gmail.com


発酵や手作り味噌、桶やカビに興味のある方のご参加お待ちしています。
P5071435.jpg

味噌桶 三升

先日木桶を購入してくださった方から木桶に入れた味噌の写真が届きました。
味噌作りの仕込み量の参考にしてください。

三升の味噌桶(味噌出来上がり~5キロ)
仕込み量の目安です。

7割味噌
乾燥大豆1.3kg、玄米麹1kg、塩500g に
種味噌を適当に100g~150g位 入れてあり、
多分出来上がりが4.5kg弱

上記の分量で三升の木桶に入れて、このくらいの容量になります。
unnamed.jpg

この上に塩蓋で覆ってぴったりサイズです。

美味しいお味噌になりますように

鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

流行りにのって

我が家の亭主、カモさんが風邪でダウン。

朝、昼、晩、足湯してます。

P2153088.jpg

足湯して体温上げて、寝る。
子どもはこれ一発で風邪治ります。

大人はひねくれてるのでしぶといですが。
たまには毒出ししないとね。

うちで使っているこの足湯桶は、カモさんが親方の下で修業していた頃に作ったもの。
こどもに踏んだり蹴ったりされ、大分過酷な環境で使っているにもかかわらず全然漏れないのが凄い。

この桶、さすが修行中につくったもので、
サイズ感が全くわかっていない。

足湯にしては幅が広いし、浅いのでイマイチ使い辛いんだけど他の面で案外使いやすかったりするんです。


時には子どもの風呂桶になったり
P1120301_convert_20180215112706.jpg

豆や小麦の脱穀に使ったり
P1130406.jpg

これで野菜を洗ったり、
梅のあく抜きをしたり、

子どものおもちゃの船になったり、おもちゃ箱にしたり、

P1130628.jpg
猫の家になったり、

木桶っていろいろ使えます。


ちなみにちゃんとした定番サイズの足湯桶はコチラです。→〇足湯桶〇
使いやすさ、木桶の幅や深さ、体の温まりやすさなど、ちゃんと考えて設計しています。

PB072426.jpg

お湯が冷えない足湯桶をお探しの方には木の桶がおススメですよ


鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

キング味噌桶

相変わらず寒さマックスですね。
今年は特にひどい気がします。

連日、家のトイレの温度計が-18度。
もーここまでいくと、トイレは極力我慢します。

朝晩犬の散歩に出かけるんですが、少し歩いただけで鼻毛が凍るんですよ。
犬の水を毎朝入れ替えるんですが、30分後に見に行くと水が凍ってるんですよ。

P2053043.jpg

夜寝てる時だって頭は布団から出てるわけで、何かとてつもなく頭の中をツーンと抜ける感じがして目が覚めるわけです。
被って寝ていたニット帽が外れてるんですよね。

もうこんな氷の世界では仕事もはかどりません。
もう少し標高を下げたい鴨川家ですが…

家の中は薪ストーブ焚いてるんで快適です。
子どもは裸で踊ってます。
P2093076.jpg


二月三月は毎年、味噌をつくられる方からの注文が重なります。
木の桶じゃないと味が出ないんだよ、と注文をくださいます。
今年はキングサイズの桶の注文が多いです。

鴨川桶店では接着剤は使わない代わりに竹釘をはめます。
P2043040.jpg

まるめて
P2043041.jpg



P2063052.jpg
(笑)

削って
P2063047.jpg

P2063054.jpg

竹タガをつくって
P2053045.jpg

編んで
P2063055.jpg

はめて
P2063060.jpg
写真とってる私の手もガッチガチ。

出来上がり。
内蓋、外蓋付いてます。
P2073063.jpg

三合のおひつと比べてみますよ。
P2073064.jpg
わ~おひつのちっちゃいこと。


うちの坊主と比べてみますよ。
P2073071.jpg
う~ん、分かり辛い。

この木桶は四斗サイズで、味噌が出来上がり70キロくらい。
大根の漬物だと80本くらい漬けられます。

大家族ばんざ~い!


鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo


外仕事

一年で一番寒いこの時期、

木曽は雪はあまり積もらないけど、その分寒いんです。
家の中も外もガッチガチのつんつるてん。

家の中の物がすべて凍るので、凍らないように冷蔵庫に入れます。

今までにボンドや砥石、何度凍らせてダメになったか…


桶作りでどうしても外でしかできない仕事、

それは
竹タガ作り。

毎年この時期は晴れた日を狙って竹を採りに行き、氷点下の気温の下、タガをとります。

P1302959.jpg

長い廊下があるような屋内が使えたらいいのに、、、と毎年心の底から思いますが。

今は毎日味噌桶を作っています。
二月はみなさん仕込みの時期なので急な注文が重なりますね。

出来るだけ仕込みの日に間に合うように仕上げたいとは思いますが、一人でつくっているので限界があります。

仕込み日がお決まりの方は早めにご連絡くださいね。

P1302960.jpg

鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo