味噌つくりワークショップを開催します

お知らせです。

「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」「みそ汁は医者殺し」ということわざがあるくらい、身体に良い発酵食品のお味噌。
今回、鴨川桶店の木桶で仕込む、手づくり味噌のワークショップを開催することとなりました。

木の桶には有用な微生物が住みつくため、月日をかけて寝かせたお味噌には深い味わいが生まれます。
又、木桶は周りの温度にも左右されにくく、木目を通して呼吸しますので、熟成過程にアルコール発酵しにくいのが特徴です。
自分菌の働きで、他にはないお味噌を育て上げていきませんか?

以下詳細です。



無農薬栽培の大豆×小池麹店×御岳山の天然水
木桶で仕込む 有機大豆の味噌作り ワークショップ

大釜で大豆を茹でる昔ながらの作り方で一人約3キロ(出来上がり)の味噌を仕込みます。

【大豆】  木曽産 あきらさんの作る無農薬、無化学肥料の大豆
【麹】   明治12年創業小池麹店 山形県米沢産 有機栽培米使用の麹
【塩】   チベット高原の湖塩
【水】   御岳山の天然水

【日時】 4/29(祝日) 12~15時
【料金】 14000円 お茶、自然食のおやつ込 (2升の木桶付き) 
【場所】 鴨川桶店 敷地内 (長野県木曽郡木曽町三岳268

【持ち物】 タオル2つ(手拭き用、種水やお味噌の拭き取り用)、軍手、エプロン、三角巾(バンダナ)、お味噌持ち帰り用の袋or箱(桶の大きさは21×21に3キロの味噌が入りますので重くなります)

・親子での参加大歓迎
・遠方からお越しの方は木曽福島駅、木曽福島バス停までお迎えに行きます(宿の手配も可)
・味噌の重しはご自宅に戻ってから各自ご用意下さい。
料金は前日までにお振り込みお願いします。
・お申込みが定員に達したら〆切りますが、最終締め切りは4/14です。以降のキャンセルは材料代の返金はできません。(大豆を浸漬する必要がある為、あらかじめご了承ください。)
・早めにお昼ご飯を食べてきてからの開始です。
・身体にやさしいおやつを用意しますが、食品アレルギーのある方は事前にお申し出ください。

【申し込み・お問い合わせ】
 鴨川桶店
 0264-46-3153
 okekamo@gmail.com

P1120024.jpg WS味噌

12674440_949111161846217_352144538_n.jpg P1130663_convert_20160220162533.jpg

P1130711_convert_20160220162652.jpg

(追記)
麹に使用されるお米の放射能検査の結果です。
ヨウ素131不検出( 0.64Bq/kg)
セシウム134不検出( 0,62Bq/kg)
セシウム137不検出( 0.64Bq/kg)
スポンサーサイト

嬉しい便りが届きました

先日、味噌桶をご購入してくださった方から暖かいメッセージが届きました!


以下転文しますね。


こんにちは。 先日は素敵な桶をありがとうございました。
木のとってもいい匂い、継ぎ目なんて全くわからない、なめらかな側面、それを締める緑の箍。可愛い鴨の焼印がさらに魅力を引き立てているように感じました。
昨日、味噌の仕込みを終え、土間のようなところに置いていますが通るたびにその佇んでいる様に、桶にして良かったなとおもいました。
桶がある暮らしって素晴らしいですね。
また機会がありましたらぜひ制作をお願いしたいと考えています。
今回はわがままをきいていただきありがとうございました。




こちらこそありがとうございました。
長い年月をかけてご自分の桶で、ご自分の味の味噌をつくっていただけたら幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

みりん作り

二年前からみりんを仕込むようになりました。


みりんって簡単なんですよ。

米麹+もち米+米焼酎=みりん

ぐるっと混ぜて寝かせると出来上がっちゃうんです。要は果実酒をつくるのと同じこと。


簡単、って言ったけど、初めの年は失敗しました。
せっかくだから三河味醂みたいに二年熟成させようと寝かしていたら、白い酵母が浮き始め、甘味が無くなり酸っぱくなり最後には青カビ発生。

どこかで菌が入ったんでしょうか。
これには非常に落ち込みました。

なので今回は規定通り一年で絞る。
酢酸発酵しないうちにさっさと絞ります!

ちなみにうちでは麹からつくっています。


さて一年寝かせたみりん酒を何度も濾したら、こんなに琥珀色の綺麗なみりんになりました。

P1130651_convert_20160209210815.jpg

で、手づくりの味醂には嬉しいおまけがついてくるのです。

これ
P1130274.jpg

味醂カスです。

このみりんカスが働き者でして。


料理に使うと勝手にとろみを出してくれるし(もち米が入ってるからね)、お菓子の甘味にも使えるし、アルコールだから保存も効くしいいことづくめなんですよ。


みりん作りお勧めですよ!ぜひ!






これは何でしょう

桶からぴょこんと

P1130648.jpg

これは何のためでしょう?


これは竹釘。

鴨川桶店では、接着剤を使用していません。
いくら食用基準に適合している接着剤が流通しているとはいえど、使いません。

だって基準って誰が決めたの?そもそも基準って何よ?

いやよ。安心できないじゃないの。


だから、使いません。


その為、木と木と固定し強度を増す為に、竹の釘をはめ込んでいるのです。


なので ご安心ください。
うちにも小さな子どもたちがいます。

安心安全な桶屋を目指しています。