流行りにのって

我が家の亭主、カモさんが風邪でダウン。

朝、昼、晩、足湯してます。

P2153088.jpg

足湯して体温上げて、寝る。
子どもはこれ一発で風邪治ります。

大人はひねくれてるのでしぶといですが。
たまには毒出ししないとね。

うちで使っているこの足湯桶は、カモさんが親方の下で修業していた頃に作ったもの。
こどもに踏んだり蹴ったりされ、大分過酷な環境で使っているにもかかわらず全然漏れないのが凄い。

この桶、さすが修行中につくったもので、
サイズ感が全くわかっていない。

足湯にしては幅が広いし、浅いのでイマイチ使い辛いんだけど他の面で案外使いやすかったりするんです。


時には子どもの風呂桶になったり
P1120301_convert_20180215112706.jpg

豆や小麦の脱穀に使ったり
P1130406.jpg

これで野菜を洗ったり、
梅のあく抜きをしたり、

子どものおもちゃの船になったり、おもちゃ箱にしたり、

P1130628.jpg
猫の家になったり、

木桶っていろいろ使えます。


ちなみにちゃんとした定番サイズの足湯桶はコチラです。→〇足湯桶〇
使いやすさ、木桶の幅や深さ、体の温まりやすさなど、ちゃんと考えて設計しています。

PB072426.jpg

お湯が冷えない足湯桶をお探しの方には木の桶がおススメですよ


鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo
スポンサーサイト

小豆

台風来てますね。

こんな雨の日は
P9162063.jpg

P9162062.jpg

小豆をたたいて殻から取り出す。
ちまちまとした作業がちょうどいい。

P9162064.jpg

おはぎつくろう。

小豆の脱穀、家庭菜園レベルなら大きな寿司桶がやりやすいです。


鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

ぱんぱかパ~ン

年末の糀作り、
それなりに出来上がりまして美味しく甘酒を頂いております。

朝起きてとりあえず一杯。
今日の活力。
P1070708.jpg


おひつや寿司桶、使わない時はパンの保存にいいですよ~と私はいつも人に言うのですが、

こんな感じに保存してます。

PC310694.jpg

今回は手のひらサイズの小さいパンを焼いたので
PC310695.jpg

高さの低い寿司桶(飯台)が便利です。
PC310697.jpg

食パンならおひつに入れて保存しています。

ふわふわ感がいつまでも続きますよ。



小麦ちゃん


今年の畑
みごとにジャガイモが実りませんでした。

もう飢饉です。イモ大飢饉。
この大飢饉でどう冬の食料確保に乗り切るか…

その代わりに、稲わらだと思って敷いた藁マルチから勝手に生えてきた沢山の芽。
そのまま生やしておいたら小麦になりまして
(実は小麦の藁だったのだ)

今年は子どもちっちゃいし、麦の収穫大変だし、
作付しなかった小麦が意地でも種を残そうとした結果ですかね。
まんまと小麦の思うように操作された感がします。

P8160368.jpg

いろんな種類の麦が混ざってる。
毛が長いのや短いのやもさっとしてる品種。

あーどれも見覚えあります。どれも育てた麦。
大鹿村で分けてもらった麦と、安曇野の麦と、木祖村の麦。

結局安曇野でもらったチホク小麦(中力)ってのが私は育てやすかったです。

P8160373.jpg

脱穀も、いざ「やる」と決めるまで、ずっと干したままなかなかやり始めれない私ですが、
なんとタイムリーに、中国(大理)で自然農をしている友達がブログにかんたんな脱穀法を載せていたので
それを見てやる気が出てさっそく実践してみました。

「ざるに麦をのせて手でごしごし擦って、下から扇風機でがーっと飛ばす。」

それだけなんですけど、「下から扇風機」ってのが私の中で斬新で、そりゃ早く終わりそうな予感ですよね。

ビフォア
P8160376.jpg

アフター
P8160377.jpg

午前中にやり始めて昼には終わりました。

嬉しい!斬新!スッキリ!

こどもがいるのも忘れてガーっと。
P8160378.jpg

坊主は粉まみれです。


心地良いらしい

今我が家で一番暖かい場所。

玄関。

贅沢にもその一等地でまどろんでいる猫、パニール。(あ、パニールは猫の名前です)

P1130628.jpg

あなたの為に用意したんじゃないのよ、その桶は。


それにしてもなんとも平和な光景で、
見ているこっちも気持ちよくなります。