FC2ブログ

リサイクルショップで買った桶の修理



この桶リサイクルショップで買ったんだけど、綺麗になるかな?

と、遠方遥々持ってきてくださいました。

P9254769.jpg

天然の椹を使ってて木目が綺麗だったから買っちゃったんだよな。(依頼者談)


今回の修理はタガの交換と、黒ずみをキレイにすること。

黒ずみを綺麗にするには、汚れている部分に(内側、外側)に鉋をかけて削り取るので、内径が広くなってしまいます。
そのため、今まで使っていた底板は内径が広がる為、使えなくなってしましまいます。
そのため新しく底板をを作り替える必要があるのですが、、、

今回はなんと!初めての経験!!

角度が少しだけ変わりましたが、
今まで使っていた底板がはまり再利用できました!!


修理をご依頼された方は、交換が必要なら底板も作り替えていいよ、とおっしゃってくださったのですが、
修理代安く済ませられればその方がいいですよね。



今回の経験で、
黒ずみ、黒カビだけを綺麗にする修理では、
運が良ければ「底板を再利用できることもある!」

ということが分かりました。

ただ、これはやってみないとわかりません。
見積の段階では何とも言えません…

運が良ければ今回の修理の様に安くなる場合もあります。,

底板新調するまでの修理代は覚悟してたけど、修理代浮いてラッキー!

それくらいの感じで考えていただけたら幸いです。

before
P9254769.jpg

after
P9274780.jpg

before
P9254770.jpg

after
P9274781.jpg

before
P9254771.jpg

after
文字も綺麗に削り取れました
P9274782.jpg

小口もつるつるサービス。
P9274785.jpg


before
P9254773.jpg

after
底に出ていた来るカビも取りました。
P9274784.jpg


◎桶の修理承ります◎他社製品でもOK◎

鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo
0573-75-2526


スポンサーサイト

お櫃の黒ずみ修理

真っ黒になったお櫃の黒ずみ(黒カビ)を削り取る修理をしました。

P9144757.jpg

お櫃の中は綺麗なんですが、外側全体が真っ黒になっています。

P9154768.jpg

修理中

鉋で削り取った黒ずみ部分です。

P9154770.jpg

だんだん綺麗になってきましたよ~

P9154767.jpg

かぶせ蓋のお櫃なので、修理時間が二倍かかります。


完成!
P9164772.jpg

before             after
P9144758.jpg P9164773.jpg

before  蓋の部分            after
P9144759.jpg P9164774.jpg

全く同じ状態のおひつを二点修理しました。

before
P9144761.jpg
after
P9164776.jpg

before
P9144762.jpg
after
P9164777.jpg

before
P9144763.jpg
after
P9164778.jpg

修理に出してくださる方は、皆さまそれぞれに思い入れがある桶ばかりですので、
修理する側としても出来るだけ予算内で、再び活用できる状態に戻しています。

before
P9144766.jpg
after
P9164781.jpg


おひつ 一升用 江戸びつ(かぶせ蓋)
タガの交換
底板交換
内側、外側 黒ずみ削り取り

修理代 10000 (一点)

上記価格は参考価格です。
桶の大きさや構造、板の厚さなどで、修理代は前後致します。



◎桶の修理承ります◎他社製品もOK◎

鴨川桶店
http://okekamo.wixsite.com/okekamo
0573-75-2526





黒ずんだおひつの修理

今回の修理はこちらのお櫃(おひつ)。

P8294694.jpg

底板の割れと本体の歪み、内面の黒ずみが気になるとのこと。


底板を新しく作り替え、タガを交換し、黒ずみを削りとると…


綺麗に生まれ変わりました
P8314704.jpg

修理の相談で、おひつの黒カビを綺麗にならないか、という話がよくあるんですが、

おひつ自体に歪みなどの問題がなく、黒ずみだけを削り取る修理になると割高になってしまいます。
修理の方法は 【鴨川桶店HP / 黒ずみを削る修理に関して】真ん中あたりに書いてあります。 ご参照ください。

HPにも書いてありますが、内側の黒ずみを削り取るので、今まではまっていた底板の内径が合わなくなり、底板を新しく作り替える場合があります。
桶の状態は調子が良くても、黒ずみを削るためにまだ使える底板を新調しなければいけないので、その場合は修理代がちょっとかかっちゃうんですよ。

底板が再利用できた場合は、底板交換代がありませんのでその分お安くなります。
若干径は小さくなるけど(数ミリ単位です)底板の黒ずみも綺麗に削れて、再利用出来た例もあります。

ただ、底板を交換する必要があるかどうかは、作業に取り掛かってみないとわかりません。

ですので、事前の見積もりで黒ずみを削るには〇〇〇円くらいです、とは申し難いのが現状です。
修理法は個々の桶ですべて違います。

「高くてもいいって思ってたけど、運よく底板も再利用できて、修理代も安く済んでラッキー!」
それくらいで考えていただけたら幸いです。

何度も書きますが、
黒ずみのみの修理の値段はやってみないと分かりません。
それだけです。

今回の修理の様にタガが外れていたり、底板が反りかえっていて必然的に取り換えが必要で、そのついでに黒カビも綺麗にする。という方が合理的で割りがいいかな、と思います。

もちろん黒ずみを削り取るだけの修理も出来ます

どうしても、科学的な処理をしていない桶には黒ずみの問題が出てきます。
土鍋や圧力鍋でご飯を炊いていると、毎日おひつを使いますもんね。

うちも、初めて使ったお櫃はすぐに真っ黒になりました。

真っ黒なお櫃ご飯をいれると、ご飯はすぐ臭くなるし、夏場は使い物になりません。
いくら擦っても取れない黒ずみを綺麗にしたい!!という気持ちはものすごく分かるので、

黒いのを取って~という方は一度ご相談くださいね


ご自分のメンテナンス次第でも黒ずみの発生を遅らせることは出来ます。
以下(鴨川桶店HPより引用)ですが、ご覧ください。 




Q:おひつに黒カビが生えました。

A:基本的に、無塗装の木桶は使ううちに黒ずみが発生します。

これは自然の変化ですので、お櫃とはこういうものだと理解して使うしかありません。
逆に言うと、桶が黒くなるのは、科学的に何も加工をしていない、安心できるもの、ということです。

木は鉄分を反応し、黒ずみが進む場合があります。
鉄鍋でごはんを焚いたり、鉄分の多いお水でご飯を炊くと黒くなりやすいです。

洗い方にもポイントがあります。
スポンジだけだと汚れが完全に取れず、黒ずみやすくなりますので、たわしや固めのスポンジでしっかり、ご飯のぬめりがなくなるまで洗うこと。角までしっかり!(洗剤は不要)
洗い残しがあると、黒ずみの原因になります。
ものすごく強く擦り続けると、木肌がボロボロになってしまいますので、そのあたりは加減してください。
完全に乾かないまま使いつづけると黒くなるスピードが速いです。
黒くなったからと言って、漂白剤は決してご使用にならないでください。木が薬剤を吸収して、桶が臭くなります。

昔はお櫃をふたつ用意して、交互に使っていました。鴨川桶店でも、お櫃は二つ使いしていますが、とても気持ちよく桶を使うことが出来ています。



余談になりましたが、今回の修理の桶ビフォアアフターです。

before
P8294691.jpg
after
P8314703.jpg

before
P8294690.jpg
after
P8314702.jpg

一升 おひつ
タガの交換+底板作り直し+内側削り直し
こちらの桶 修理代 9000 
(修理代は桶の大きさや状態により前後します)




◎桶の修理承ります◎他社製品でもOK◎

鴨川桶店
http://www.okekamo.wix.com/okekamo

0573-75-2526






寿司屋の飯台

飯台の修理。
こちらは江戸のお寿司屋さんからです🍵

P7054080.jpg


タガが切れて
P7054088.jpg

黒ずんで真っ黒。
P7054081.jpg

側板が欠けており (写真 右手前)
P7054084.jpg

側板に割れ目
P7054078.jpg


側面の欠けた部分を新しく入れ替え、
タガを替え、黒ずんだ側面を削り、
底板を新しく作り替えました。

before
P7054087.jpg
after
P7124151.jpg


before
P7054078.jpg

after
P7124150.jpg
小口も綺麗に。
ツルっツルになりました。


before
P7054084.jpg

after
P7124153.jpg

側面(内側)の黒ずみを削る場合は、底板がまだ使える状態でも、
側面を削ることにより側板の厚みが減る為、
削った後の径に合う底板を新しく作り替える必要があります。

こちらは板の厚さがあり、しっかりとした作りの飯台でしたので、
側板を綺麗に削り直すことが出来ました。


before
P7054087.jpg

after
P7124154.jpg

さすが寿司屋の飯台。
鉋で削っていると、酢飯のいい香りがしました。

修理前、後では、見違えるほど美しくなりましたよ🌹



木桶の修理承ります

鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

0573-75-2526

飯台の修理

お寺さんで使っている飯台だそうです。

P7044069.jpg

側板に隙間
P7044072.jpg

P7044073.jpg

底板も反り返って、ぱっくり割れています。
P7044076.jpg

P7044074.jpg

底板を新しく作り替え、タガを新品にし、
割れている部分からの漏れも止まりました。

P7064093.jpg

before
P7044073.jpg

after
P7064092.jpg

before
P7044072.jpg

after
P7064091.jpg


before
P7044074.jpg
after
P7064094.jpg




木桶の修理承ります

鴨川桶店HP
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

0573-75-2526