桶の修理 まずは自力で

長く使っていなかった桶や古い桶、蔵から出てきた桶、

パッと見はとてもきれいで使えそう。

でも、水をはってみると、、、、


あー横から水が漏れてきた。

ってこと、よくあるんです。

P5251512.jpg
(画像は漏れた水をふき取った後です)

使えないか…。とあきらめる前に

一度ご自分で直してみてください。


①まず底を見て、底から水が漏れていないことを確認。
底から水が漏れていたら、当店へ修理のご相談を。(鴨川桶店 tel/fax 0264-46-3153)

側面からのみ水漏れしている、ということで話を進めますね。

②かまぼこ板のようなものと、木槌(金づち)を用意します。

桶を上下ひっくり返してこんな感じで
P5251520.jpg

トントンカンカン

下に下に、360度まんべんなくたたいてタガを下げます。
全てのタガを下げましょう。

天地を戻した状態です。五センチほど締まりました。
P5251514.jpg

③水を一晩入れっぱなしにして、漏れがないか確認。

漏れが止まっていれば使えます。

木の桶は経年変化でどうしても木目が痩せてきます。
木目が痩せるとタガが下がってきますので、このような定期的なメンテナンスが必要になります。

タガが外れた桶も、同じように直せます。

簡単なことですので、あきらめる前に一度お試しくださいね。


スポンサーサイト