2017味噌作りワークショップについて

今年の桶味噌仕込みワークショップは4/26(水)と5/7(日)の二回行います!

5/7は定員になりましたので締め切ります。

4/26(水)はあと一組くらいです。

定員は特に決まっていないですが、仕込む量とかは関係なく、参加される方の人数(付き添いの方合わせて)、一緒に来てくれる子どもたちの数などを含めて決めています。
来てくださる方一人一人ときちんとお話出来る数で開催したいと思っています。


今日は朝から地道にクルミ割り。

秋に拾ったクルミ。
野生のクルミなので殻がかなり固くってなかなかうまく割れません。

この地道な作業も全ては美味しい食べ物の為!

ゴルゴンゾーラとクルミのパンを焼くぞ~!

P4111174.jpg



スポンサーサイト

桶仕込み味噌ワークショップ締め切り日について

桶仕込み味噌ワークショップの締め切り日が変更になりました。

4/26(水)開催分→4/14締め切り

5/7(日)開催分→4/30締め切り


麹の予約の関係上、開催日の二週間前が締め切りになります。


5/7(日)は少しづつ定員が埋まってきましたよ。
小春日和の気持ちのいい日になりますように

P1130926_convert_20170218120238.jpg

P1130933_convert_20170218120720.jpg



桶仕込み味噌味比べの結果

去年味噌仕込みワークショップで一緒に仕込み、自宅に持ち帰った桶仕込み味噌。

それぞれの環境下で10か月間の熟成。

その味噌を持ち寄り、味比べや皆の桶がどうなっているかの比較、
一年使ってみて気になった桶の扱い方等の疑問質問、
味噌汁の具材を持ち寄り、味噌を好きに調合しての味噌汁、おひつご飯、等々。

桶味噌味比べ会の模様をお伝えします!

P2261067.jpg

桶仕込み味噌の味比べは、正直一年熟成したくらいでは味の違いは無いのでは、と思っていました。



*綺麗な町営住宅で熟成味噌*                      
P2261068.jpg P2261072.jpg 
P2261083.jpg
ワークショップで仕込んで以来存在を忘れていた。
青カビが生えてたけどほぼ放置で、最終的には表面3mmくらいを削れば中は美味しい味噌だった。
天地返ししていない。
桶にも底にもカビはほとんど生えていない。

まろやかでやさしい女性的な味。




*オール電化の新築で熟成味噌*
P2261071.jpg 味噌桶 
P2261081.jpg P2261078.jpg
ワークショップで仕込んで以来、一度も触っていない。
笹で封をしたそのままの状態。
天地返ししていない。
桶にも底にもカビは全く生えていない。

コクがあり、ねっとりと、味も触感も全てが一つにまとまっていて、雑味の無い完成された味。




*木造平屋建て古民家で熟成味噌*
P2271067.jpg P2271068.jpg
P2261082.jpg
梅雨と夏の長雨の時期にカビがすごく生えた。
中に生えた青と黒のカビはスプーンでこそげ取った。
桶の外に生えたカビは布巾でふきとった。
表面のカビを取ってから、酒粕とサラシで蓋をした。それ以降はカビの発生はほぼ無くなった。
天地返ししていない。
底のカビはそのまま。

甘い。麹の甘さを感じるやさしい味。




*木造平屋建て元公民館を改装した家で熟成味噌*
P2261069.jpg P2261073.jpg
P2261080.jpg
カビが凄すぎた為、見て見ぬふりをした。
生えたカビは一度も取っていない。蓋と接している味噌の部分はカビが生えていないので、そこから食べ始めている。
天地返ししていない。
底のカビはそのまま。

凄いカビなのに、それがいい効果なのか少しチーズっぽい味もあり、マイルドに熟成された味。
以外に美味すぎてみんなびっくり。そして、ここまで放置しても美味しい味噌になるんだということに安堵。

今すぐカビを取り除いた方が桶にとってはいいと思います。



*築100年くらいの古民家で熟成味噌*(右上)
みそ

途中カビだらけになったので焦って、味噌を一度取り出して桶を洗った。



*ログハウスで熟成味噌*
P2261076.jpg

カビがすごかったので七月にジップロックに移して冷蔵庫で保管(笑)。

塩辛くはないけれど塩気を強く感じる尖った味





これは全て、ワークショップで一緒に仕込んで、一緒の木桶に詰めたものです。
そして家に持ち帰り、それぞれが違う環境下で10か月間熟成させたもの。

味、色、見た目、桶のカビの種類、保管する場所で全く違う出来上がりでした。

新築の高断熱の家は温度変化があまりない為、安定して発酵が進んだのかな。
カビも生えていなかったので、どうやら桶が好きなカビはまだ住んでいないようです。

反対に、木造の家で保管している桶はみんなカビだらけになっていました。
昔から家に住み着いているカビたちが桶に住み着くという結果。
それが味噌の発酵にいい仕事をしてくれたようです。
それぞれの味噌に個性があって、それぞれが美味しい。

家に潜んでいるカビの種類は桶で味噌を仕込むとわかるって感じ?

黒カビだらけの味噌もめちゃめちゃ美味しいんだと言うことがわかり、
カビに神経質にならなくても案外大丈夫なんだと勇気づけられました。

P2261077.jpg

木桶で熟成した味噌は、味噌汁にすると塩気を感じず、丸い味になるとおっしゃった方もいました。

具だくさんの味噌汁に、手作りの漬物とおひつご飯。
日本に住んでいてよかった~!
P2261088.jpg P2261084.jpg

奥が深いですよ!木桶仕込み!



今年も木桶で仕込む味噌作りワークショップの参加者募集中!
詳しくはこちら


鴨川桶店HP 
http://okekamo.wixsite.com/okekamo

桶仕込み味噌味比べ おひつごはんの会

【参加者募集します】

桶仕込み味噌味比べ おひつごはんの会

昨年桶味噌ワークショップで仕込んだ味噌を持ち寄り、味比べ&桶に生えているカビなどの観察会をします。
桶仕込み以外でも、ご自分で作った味噌がある方は持ってきて手作り味噌の味比べをしましょう。

ワークショップに参加していない方も大歓迎!

お昼は持ち寄った味噌を自分好みに調合して味噌汁を作ります。
おひつごはんはこちらでご用意します。

発酵や手作り味噌、桶やカビに興味のある方のご参加お待ちしています。


【桶味噌 味比べ会】
2/26(日) 木曽福島 千村茶屋(やぼら清水公園内)
長野県木曽郡木曽郡木曽町 福島 5223-11 

10時~(13時まで部屋は確保してありますので解散はご自由に)

参加費 WSに参加された方/無料  参加していない方/500円 

●持ち物●
・WSで仕込んだ味噌(できたら桶に入れた状態で持ってきてください。重ければタッパーでもOK)
・WS以外で仕込んだ手づくりの味噌(あったら)
・お昼食べる人はみそ汁の具材を一品持ち寄り。家に漬物がある人は持ってきてくださると助かります。

●おおまかな内容●
10時~色んな味噌の味比べ、桶の状態(底に生えてるカビの状態とか)観察
11時前くらいから早めのお昼ご飯 (味噌汁、おひつごはん、漬物) 

●遠方からお越しの方へ●
現在極寒の時期につき、長野県はスタッドレスタイヤが必須です。
やぼら清水公園はJR木曽福島駅から歩いて10分程度です。JR特急が止まります。

参加される方は前日までに、「鴨川桶店」までご連絡くださいませ。
ではでは、当日皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

P2181018.jpg

味噌作りワークショップを開催します


さあ今年もみんなで桶味噌を仕込みますよ!
今年はさらにパワーアップ!

のぼの農園×蔵元小池糀店×鴨川桶店のコラボです!


【参加者募集します!】

「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」「みそ汁は医者殺し」ということわざがあるくらい、身体に良い発酵食品のお味噌。
今年も鴨川桶店の木桶で仕込む、手づくり味噌のワークショップを開催します!

木の桶には有用な微生物が住みつくため、月日をかけて寝かせたお味噌には深い味わいが生まれます。
又、木桶は周りの温度にも左右されにくく、木目を通して呼吸しますので、熟成過程にアルコール発酵しにくいのが特徴です。
三年寝かせても木桶の味噌ならアルコール臭は感じません。

木桶での味噌作りは難しいと思っている方にも、当日は木桶の扱い方、発酵中の管理方法など、実際に桶を使っている桶屋だからこそ分かる管理方法をきちんとお伝えします。

自分だけの木桶で、他にはないお味噌を育て上げていきませんか?

以下詳細です。






のぼの在来種大豆×小池糀店×御嶽山の天然水
木桶で仕込む 有機大豆の味噌作り ワークショップ


大釜で大豆を茹でる昔ながらの作り方で一人約3キロ(出来上がり)の味噌を仕込みます。
仕込んだお味噌は木桶ごと持ち帰り、ご自宅での管理、発酵となります。
木桶の扱い方はきちんと説明させて頂きます 。


【大豆】 長野県塩尻産 のぼの農園大豆 (在来種 ナカセンナリ 農薬・化学肥料不使用 手作業、天日干し)
【麹】   明治12年創業小池麹店 長野県産生麹 (放射能測定済 検出せず)
【塩】   シャークベイの天然天日塩 (100%天日干し)
【水】   御岳山の天然水


【日時】 4/26(水) 5/7(日) 12~15時 *都合の良い日をお選びください
【料金】 15000円 お茶、自然食のおやつ込 (2升の木桶付き) 
【場所】 鴨川桶店 敷地内 (長野県木曽郡木曽町三岳268)

【持ち物】 タオル2つ(手拭き用、種水やお味噌の拭き取り用)、軍手、エプロン、三角巾(バンダナ)、お味噌持ち帰り用の袋or箱(桶の大きさは21×21に3キロの味噌が入りますので重くなります)

・親子での参加大歓迎!
・遠方からお越しの方は木曽福島駅、木曽福島バス停までお迎えに行きます(宿の手配も可)
・味噌の重しはご自宅に戻ってから各自ご用意下さい。
・料金は前日までにお振り込みお願いします。
・お申込みが定員に達したら〆切りますが、
最終締め切りは4/26開催→4/14締め切り  5/7開催→4/30締め切りです。
以降のキャンセルは材料代の返金はできません。(麹の注文、大豆を浸漬する必要がある為、あらかじめご了承ください。)
・早めにお昼ご飯を食べてきてからの開始です。
・身体にやさしいおやつを用意しますが、食品アレルギーのある方は事前にお申し出ください。

【申し込み・お問い合わせ】
 鴨川桶店
 0264-46-3153
 okekamo@gmail.com

P1130926_convert_20170218120238.jpg

P1130933_convert_20170218120720.jpg

P1130947_convert_20170218121027.jpg

24.jpg