11月 甚目寺朝市

15032170_550336278498975_8197989371548121787_n.jpg

テンパりました。
想像をはるかに超えた人、人、ひと!!!!!

15078542_550341291831807_179300230274295376_n.jpg

母一人、子二人を連れての出店は大変さを超えた悲惨な出店となりました。
が、いい経験になりました。

鴨川桶店、愛知参上。

14980776_550341478498455_6287608297589455260_n.jpg

購入してくださった方が見にきてくれたりして、嬉しかったです。
桶に興味をもって見てくれた方も結構いらっしゃったので、次回は在庫を少しでも増やして、お見せできたらいいなと思いました。

同時に出店した、私が仕立てている「ねこはんてん」も長野県では知名度があるのですが、愛知では知名度ゼロからのスタートです。
是非ご覧ください(これからの時期は重宝しますよ)→古布からつくる ねこ半纏


15085616_550335468499056_4593416836613011279_n.jpg

二月まで甚目寺朝市に出店させてもらえることになっていますので、お近くの方、
遊びに来てくださいね。

おしゃれなお店がたくさん出ていますよ。
次回は12月12日です。

スポンサーサイト

チェジュ島でワークショップ

立春を迎えたチェジュ島。
このクンジャサロンの中で、鴨川家のワークショップが開催されております。
題して「鴨川家の暮らし」です。

P1110709_convert_20150217145625.jpg

中に入るとチェジュ島の守り神的ゆるきゃらの「クンジャくん」がお出迎え。
無事に桶を渡すことが出来ました。
P1110665_convert_20150217145337.jpg

桶と母ちゃんの作ったねこはんてんを置いてもらっています。
P1110662_convert_20150217150328.jpg

さてさてワークショップの後半、「鴨川手作りのすし桶を使って日本のちらし寿司を作る」です。
ちなみに前半は母ちゃんが「国産大麻から糸をつくる」ワークショップを開催しました。

さてさて話を戻します。
指導するのは友人でもあり、料理研究家でもある彼女。
P1110697_convert_20150217145443.jpg
まるでこの日の為にあてがわれたかのような割烹着!

今回の食事は全てオーガニックの食材を使用しています。
susi2_convert_20150217150446.jpg

すし1_convert_20150217150425

P1110713_convert_20150217145737.jpg

料理本も出版されています。
sすし3_convert_20150217150513

韓国の食材で日本のちらし寿司。
すし4_convert_20150217150536

彼女の旦那さん、今回初めてちらし寿司を食べたらしいのですが、あまりの美味しさに、「なんでもっとはやく作ってくれなかったの!!!」って言ってたそうです。(奥さんは日本人)

これからはカモ印のすし桶があるので作ってくれるよね。

というわけで、大麻を紡いで細かい作業でイライラがたまった後でのおいしいご飯、というワークショップ。
無事に終了。まるくおさまりました。

「ワークショップ大麻編」は コチラ