オイルフィニッシュ加工(オプション)

湯桶や風呂椅子にオプションとして新たにオイルフィニッシュ加工を始めます。


水場で使用する湯桶や風呂椅子は、白木の状態ですのでどうしても経年変化として表面の艶が失われ、色の変化が生じます。
その対処策として鴨川桶店では、綺麗な状態を長く保つ為に、オイルフィニッシュ加工を行うことができます。


比較してみます。

左 オイルフィニッシュ加工在り /  右 加工無し
PC170628.jpg
ちなみに左は 縁が手にフィットする「ふち丸」タイプの湯桶。右はノーマルタイプです。

我が家で実際に使用しておりますが、一年が経過した今でもとてもいい感じを保っています。

PC170615.jpg

オイルフィニッシュをすると、色に深みが出ます。

PC170621.jpg

使用するオイルは通気性があり 防水機能を持つ浸透性自然オイルを使用しています。
人に対した安全性についてもドイツ規格(DINE71part3)に合格したオイルを使用しています。

 
オイルフィニッシュの良い点としては
・表面の艶が美しい。
・桶が黒くなりにくい
・水に対しての耐久性がある


良い点の反面、難点もあります。

木の香りが全くしなくなります。

木の製品の扱いが苦手な人には非常におススメなんですが、
お風呂に木の香りを重点に置かれている方には、オイルフィニッシュはおススメ致しません。

PC170616.jpg

詳しくは鴨川桶店ホームページへ


スポンサーサイト