桶の修理

とても立派な桶です。
P5051387.jpg

タガが外れ、水漏れがするとのこと。

持ち手がある桶なので、型を作って修理します。
P5051397.jpg

タガをはめても水漏れが改善されない場合は底板などの問題があるので、取り換えた方がいいのですが、今回はタガを張り替えただけで水漏れしなくなりましたので、タガ換えのみのお直しでした。

復活。
P5071443.jpg




スポンサーサイト

三岳の夏祭り

大樽神輿当日。

P1010106_convert_20160725204938.jpg

大樽神輿、カッコ良く化粧いたしました。

13775901_1034545996595060_5761588288925184458_n.jpg

どんな祭りかと、簡単に言いますと

タイの水かけ祭りの100分の一にも満たない規模の水かけ祭りです。

昔はこの大樽に御嶽山の御神水を入れ、大樽の中に福男が入って御神水を観衆たちにかけまわしていたそうですが、
少子化の今、担ぎ手が少なくなったので観衆がお神輿担いでる人をめがけてバケツの水をかけまくるお祭りになっています。

毎年のことなんですが学校の先生がお神輿を担ぐので、子どもたちが先生を標的に楽しそうに水かけてます。

P1010108_convert_20160725205058.jpg

あれだけ試行錯誤しながら完成した大樽が無事に神輿となり、無事にお祭りを終えることができ、感無量です。

桶神輿の修理

P1140110_convert_20160713113519.jpg
デカいデカいデカい!

これは木曽町三岳(旧三岳村)の大樽神輿。
底が割れたので修理をしました。

タガも新しく作り直します。
P1140138.jpg

P7080013.jpg

P7080031.jpg

P7080038.jpg

IMG_0050.jpg

IMG_0108.jpg

IMG_0090.jpg

IMG_0077_convert_20160713105912.jpg

P7090045.jpg

なんとか無事に直りました。
お祭りは7/18です。


桶のメンテナンス

今年は有り難いことに修理の依頼が重なります。

今回は30年使った桶のメンテナンス。

30年使っても未だ現役のおひつ達です。

(before)
木が縮んでタガが緩んだ状態です。
P1130167.jpg

竹を裂いてタガを作ります。
P1130198.jpg

このサイズの桶で、こんなに長~く竹が必要なんです。
P1130202.jpg

編んだタガをはめ込んでいきます。
P1130238.jpg

出来たてはこんなに綺麗な青竹色。
月日が経つにつれ、色の変化が楽しめます。
P1130271.jpg

蓋の桟(取っ手)も新しくしました。
P1130269.jpg

(after)
出来上がりです
P1130266.jpg

桶は世代を超えて使用できる道具です。
今回タガを新しくしたことで、これからまた30年は現役で活躍出来ると思います。

桶の箍(タガ)の締め直し、張り替え
お値段ですが、30cm程の桶で2000円~になります。竹の箍で締め直します。

水漏れのある桶も、状態によりますが修理できますので、ご相談くださいね。




桶の修理

シーズン到来。

タガの外れた年代物の漬物桶、修理の依頼です。

ビフォアの写真を撮り忘れました。かろうじて写真に写ってるのもが左上に小さく見えるデカイ桶です。子どもがすっぽり入れちゃう程の大きさです。

P1110789_convert_20151127115208.jpg

タガを張り替えて、これから先再び活躍できる桶に復活して戻っていきました。

P1120925_convert_20151127115428.jpg